平城遷都1300年記念事業会場

平城宮跡(メイン)会場

特別史跡平城宮跡(Heijō Palace)を舞台に4月24日 - 11月7日に開催された。

  • A :エントランス会場 (Entrance Plaza) シャトルバスやタクシーの発着場や各施設をそろえた仮設エリア
    • 探訪ツアーセンター 平城宮跡探訪ツアーやセルフガイドシステムの予約
    • 出展参加ホール 協賛企業などが、期間限定での展示が行われる。また常設で国営飛鳥平城宮跡歴史公園の完成予想プラモデルも展示されていた。
  • B:平城京歴史館/遣唐使船復原展示 (Heijō History Museum/Replica of Japanese Diplomatic Ship for Envoys to Tang China)
  • C:朱雀門広場 (Suzaku Gate Plaza) 朱雀門周辺の朱雀大路も含めたエリア
    • 朱雀門 1998年復元の朱雀門の復元。
  • D:交流広場( Exchange Plaza) 各団体の出展や休憩所、「レストラン遷都」やフードコートもある中枢の仮設エリア
    • まほろばステージ 各団体の劇や歌などの公演が行われた。
    • 交流ホール 各団体の期間限定展示
    • レストラン遷都 レストラン
    • 奈良土産館 奈良県内の土産をそろえた、買物施設。
    • 平城京ゆかりバザール 平城京ゆかりの地(主にシルクロード)の物品の販売。
    • 東にぎわい市・西にぎわい市 期間限定の入れ替わりでの販売店。
  • E:平城宮跡資料館 (Heijō Palace Site Museum) 平城遷都1300年祭にあわせリニューアルされた。
  • F:第一次大極殿・前庭 (Front Courtyard of the Former Imperial Audience Hall) 内部も公開された。
  • G:南門広場 (South Gate Plaza) 第一次大極殿南側に設けられた仮設の施設。各仮設エリアでは小規模
    • 天平衣装貸出所 奈良時代の服装の貸出を行い、第一次大極殿付近を散策できた。
  • H:体験学習広場(Heijō-kyo Hands-on Learning Plaza) 遺構展示館南側に設けられた架設の施設
    • 平城京なりきり体験館 発掘疑似体験や平城京仕事体験、天平衣装体験、体験工房の平城京にまつわる体験ができる。
    • 宮内省
  • I:遺構展示館 (Excavation Site Exhibition Hall) リニューアルされた。本物の遺構が見学てきる。また展示も豊富
  • J:東院庭園広場 (Eastern Palace Garden Plaza) 東院庭園前の広場を活用した。春季・秋季フェアには植物の演出があった。
    • 東院庭園 東院庭園の復元。前には展示施設もある。

尚、平城宮跡会場は閉幕後は、通常の平城宮跡の営業状態へ戻り、既存の施設である平城宮跡資料館、遺構展示館、朱雀門、東院庭園と新しく第一次大極 殿が加わり現在も無料で一般公開されている。※定休日あり また、平城京歴史館は翌年の4月23日に再オープンし現在は、有料で一般公開されている。※定休日あり

奈良県内全域

巡る奈良事業として、特別イベントや特別開帳のイベントが行われた。

開催行事

平城宮跡会場

通期

  • あをによしパレード
  • 衛士隊の再現 (朱雀門の開門、閉門・南門広場の交代)

春季フェア「花と緑のフェア」

4月24日 - 5月9日 会場内を花などの植物で演出した。

  • 第一次大極殿正殿復原整備工事完成記念式典(4月23日開幕一日前)
  • 平城遷都祭2010(毎年開催されている平城遷都祭の1300年特別バージョン)

夏季フェア「光と灯りのフェア」

8月20日 - 27日 会場内を電飾や映像で演出され、特別に夜間営業も実施された。また、平城遷都祭の演出もあった。

  • なら燈花会2010(奈良公園を中心に毎年開催されているイベントの特別バージョン)
  • バサラ踊り2010(奈良公園を中心に毎年開催されているイベントの特別バージョン)

秋季フェア「平城京フェア」

10月1日 - 11月7日

  • 平城遷都1300年記念祝典- 天皇・国内外の国賓など約2000名を招き、大極殿前庭で催されるクライマックスイベント。
  • 大極殿音絵巻・東院庭園音絵巻- 国内外の著名アーチストによる野外コンサート
  • 天平茶会
  • 古代行事の再現「曲水の宴」、「歌垣」、「蹴鞠」など
  • 平城京カーニバル - クロージングイベント

特別行事 奈良と世界の交流(奈良歴史探訪回廊(市町村広域連携イベント))

コンセプトは「四神を巡る」である。

  • 第27回奈良緑化フェア「やまと花ごよみ2010」 - 馬見丘陵公園
  • 奈良マラソン2010 - 日本陸連公認マラソン
  • 歴史探訪(三都)ウォーク(春期)
  • 宿泊型ウオークイベント「奈良を巡るてくてくウォーク」
  • 工房街道アートプロジェクト
  • 奈良まちおこし結び会2010
  • 第15回全国梅サミット - 月ヶ瀬地区
  • 第64回全国お茶まつり奈良大会 - 奈良市内
  • ならまちわらべうたフェスタ2010 - ならまち周辺
  • 奈良工芸フェスティバル2010 - なら工藝館

東アジア未来会議

  • 東アジア地方政府会合
  • APEC観光大臣会議
  • 世界歴史都市会議
  • 世界宗教者平和会議40周年記念式典
  • 東アジア未来会議・奈良2010
  • 日本ペンクラブ「平和の日」の集い
  • 国際文化フォーラム
  • 平城京フォーラム2010
  • 万葉集成立1250年記念シンポジウム
  • 東アジア比較文化国際会議
  • 第2回NARA万葉世界賞贈呈式・記念シンポジウム

巡る奈良

  • 「白虎」斑鳩・信貴山・葛城周辺
  • 「青龍」飛鳥・藤原・大和高原・宇陀周辺
  • 「朱雀」吉野周辺
  • 「玄武」奈良公園・平城京周辺

奈良大和路 秘宝・秘仏特別開帳 「祈りの回廊」

  • 各寺院による秘蔵秘仏特別公開

特別企画展

  • 遣唐使展
  • 正倉院特別展
  • 国際書法交流日本大展
  • 県立万葉文化館特別企画展
  • 県立美術館特別企画展
  • 県立図書情報館特別企画展
  • 入江泰吉記念奈良市写真美術館特別企画展

民間イベント

  • 奈良国際映画祭2010
  • せんとくん盆踊り

テーマソング

2009年4月26日、奈良まほろば館(東京都中央区日本橋室町)で公式テーマソングが発表された。制作発表および一般からのキーワード募集の際には「イメージソング」だったが、曲の発表は「公式テーマソング」になった。曲名はラテン語で音楽を意味する「ムジカ」で、作詞・作曲・歌は谷村新司、編曲は千住明。曲はバラード調で、アジア各国の楽器が使われている。

キャンペーン

  • うましうるわし奈良
  • 奈良デスティネーションキャンペーン
魅惑がいっぱい!寧楽の京師
 

プレイベント

  • 2007年 平城京フォーラム「風月同天」(松浦俊海唐招提寺長老、谷村新司、千田稔、上田正昭、王維坤西北大学教授)大阪国際会議場
  • 2008年 平城京フォーラム (大野玄妙法隆寺管長、西山厚、上野誠)人見記念講堂
  • 2008年3月8日 平城遷都1300年記念シンポジウム (松岡正剛編集工学研究所長、荒井正吾奈良県知事、藤原昭奈良市長)奈良県新公会堂
  • 2008年3月15日 平城京フォーラム (森本公誠師東大寺長老、谷村新司、滝田栄、千田稔)
  • 2008年 東京国立博物館 国宝薬師寺展
  • 2008年8月19日 平城遷都1300年祭応援団結団式&500日前Startingイベント (松井絵里奈、田中星児、着ぐるみせんとくん、鹿坊、鹿爺)なら100年会館
  • 2008年9月21日-23日 平城宮跡第一次大極殿正殿復原整備工事現場特別公開
  • 2008年10月15日 東大寺奉納大歌舞伎 松本幸四郎千回上演「勧進帳」 東大寺大仏殿前
  • 2008年10月18日 東大寺世界遺産登録10周年記念 布袋寅泰 SPECIAL LIVE~Fly Into Your Dream~ 東大寺大仏殿前
  • 2008年11月08日 万葉集1250年記念事業シンポジウム 「万葉のこころを未来へ」 福岡電気ホール
  • 2009年3月31日-6月7日 東京国立博物館 興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展
  • 2009年4月1日-5月24日 250日前マンスリーイベント 公式テーマソング発表奈良まほろば館
  • 2009年 ユネスコ東アジア子ども芸術祭
美しい日本がみつかります

マスコットキャラクター

詳細は「せんとくん」、「まんとくん」、および「なーむくん」を参照

平城遷都1300年記念事業協会は選定委員によって、東京芸術大大学院教授で彫刻家の籔内佐斗司が描いた童子に鹿の角を生やしたキャラクターをマスコットとして選び、500万円で著作権を譲り受けた。4月15日、キャラクターの愛称が「せんとくん」に決定した。

「せんとくん」に対しては、市民から「可愛くない」、また童子が仏に見えることから「仏を侮辱している」「仏に角を生やすのは不謹慎である」等の批判がある他、「平城遷都1300年祭を救う会」を名乗る任意団体が結成され、街頭やウェブ上などで反対運動を展開していた。更に2008年3月27日には奈良市と周辺の寺院の僧侶らで構成される親睦団体南都二六会が「仏をちゃかしたようなキャラクターに嫌悪感を覚える」などとしてマスコットの再考を求める意見書を提出した。

批判は、非公開で行われた選考過程の不透明さや、地方博のマスコットキャラとしては割高な費用にも向けられている。また、着ぐるみの制作費用は、約80万円だという。

選定過程などに疑問を持つ地元のデザイナーらが集まる「クリエイターズ会議・大和」は、独自のキャラクターを一般からの公募で選定し、「まんとくん」として発表した。地元商店街などが歓迎し、ポスターなどに「まんとくん」を採用した。南都二六会は、同会が独自に採用したキャラクター「なーむくん」を活用するとしている。

この騒動で多くの報道が行われたために知名度は抜群となり、いわゆるゆるキャラとは一線を画したキャラクターと相まって徐々に知名度が高まった。2010年7月時点で、「せんとくん」関連グッズのライセンス料は30億円に達した。また前述のような批判の動きを報道した新聞記者が、協会職員からなじられたことがある。

2008年10月25日に彦根市で開催された『ゆるキャラまつりin彦根』で、「せんとくん」と「なーむくん」の「仲直り」が行われ、12月以降はきぐるみの製作が遅れていた「まんとくん」も加わり、3キャラクターがそろい踏みしてのイベント出演などが行われた。

せんとくんも待っている!

日本の都の原点がある・・