平城宮とは

平城宮(へいぜいきゅう、へいじょうきゅう)は奈良の古都平城京の大内裏。1998年(平成10年)12月、「古都奈良の文化財」として東大寺などと共に世界遺産に登録された(考古遺跡としては日本初)。

平城宮の歴史

平城京の北端に置かれ、天皇の住まいである内裏即ち内廷と、儀式を行う朝堂院、役人が執務を行う官衙の所謂外朝から成り、約120ヘクタールを占めていた。周囲は5メートル程度の大垣が張り巡らされ、朱雀門を始め豪族の姓氏に因んだ12の門が設置され、役人等はそれらの門より出入りした。東端には東院庭園がおかれ、宴等が催された。この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされている。

ただし、平城京に都が置かれていた70年余りに間に何度か大規模な改築が実施されており、その間に平城宮内部の構造も変化している部分もあったが、そのことが後世の研究家に認識されることは少なく、実際に本格的な発掘が実施されるまで誤った推定が行われる遠因となった。

784年(延暦3年)に長岡京に遷都され、その後平城上皇が大極殿(第一次)跡地に新しい宮(平城西宮)を造営して居住したこともあったが、その後平安京が都としての地位が確定すると放置され、しだいに農地となっていった。しかし南都と呼ばれ、あくまでも本来の都は奈良と云う認識が大宮人の間にはあった。

1852年(嘉永5年)、奉行所の役人であった北浦定政が『平城宮大内裏跡坪割之図』を著し、平城京の跡地を推定した。明治時代に建築史家、関野貞が田圃の中にある小高い芝地が大極殿(第二次)の基壇である事を発見、1907年(明治40年)に『平城京及大内裏考』を奈良新聞に発表した。ただし、関野の研究は大極殿(第一次)の恭仁京への移転を含む平城宮の度重なる改築の事実を認識できず大極殿(第一次)を内裏の遺構と誤認したこと、中宮(中宮院とも、聖武・淳仁天皇が御在所とした)を無条件で内裏の別称と解したこと、内裏位置の誤認のために実際の内裏区域に対してはほとんど関心を払わなかったことなど、今日からみれば問題となる部分を含んでいた。この研究記事がきっかけとなり、棚田嘉十郎・溝辺文四郎らが中心となり平城宮跡の保存の運動が起こった。1921年(大正10年)には、平城宮跡の中心部分が民間の寄金によって買い取られ、国に寄付された。その後、「平城宮址」は1922年(大正11年)に国の史跡に指定された(後に特別史跡)。この時、上田三吉を中心として発掘作業が実施されて大極殿(第二次)の北方(すなわち実際の内裏区域)にも遺構があることを確認した。ただし、上田もこれが内裏の一部であるとする認識には至らなかった。1928年(昭和3年)にも岸熊吉の発掘調査で今日内裏の東大溝として知られている部分を発見しているが、岸も内裏との関連性に気付くことはなかった。その後、1953年(昭和28年)・1955年(昭和30年)にも大規模な発掘調査が実施したが、内裏に関する関野説の誤りを指摘して正確な内裏の跡地の推定をしたのは、1960年(昭和35年)の奈良国立文化財研究所の発掘調査に参加した工藤圭章であった。戦後に「址」(し・あと)が常用漢字外である為「平城宮跡」と書かれる様になる。1960年代に近鉄電車の検車庫問題と国道建設問題に対する二度の国民的保存運動が起こった。現在は、ほぼ本来の平城宮跡地が指定され保存されている。

なお、唐招提寺の講堂(国宝)は平城宮朝堂院にあった建物の一つである東朝集殿を移築した物である。切妻屋根を入母屋にしたり、鎌倉時代の様式で改造されている箇所もあるが、平城宮唯一の建築遺構として貴重である。

魅惑がいっぱい!寧楽の京師
 

宮城の変遷

「宮城(きゅうじょう)」とは、古代の都城において天皇の住居とその周囲の官庁一帯を指す用語であるが、つまり「都」ということ。その変遷は以下の通り。

以下の表について、古代については『古事記』と『日本書紀』の記述によるものであり、その実在や所在が考古学的に特定されていないものを含む。一般の遷都論においては第33代推古天皇の代以降から語られることが多い(通説)。

都市名 現在の地名 在住期間 主な天皇 副都、その他
泊瀬朝倉宮
(はつせのあさくらのみや)
奈良県桜井市 456年 - 480年 雄略天皇  
磐余甕栗宮
(いわれのみかくりのみや)
480年 - 485年 清寧天皇
近飛鳥八釣宮
(ちかつあすかやつりのみや)
奈良県明日香村 485年 - 488年 顕宗天皇
石上広高宮
(いそのかみひろたかのみや)
奈良県天理市 488年 - 498年 仁賢天皇
泊瀬列城宮
(はつせのなみきのみや)
奈良県桜井市 498年 - 507年 武烈天皇
樟葉宮
(くすば)
大阪府枚方市 507年 - 511年 継体天皇
筒城宮
(つつきのみや)
京都府京田辺市 511年 - 518年
弟国宮
(おとくにのみや)
京都府長岡京市 518年 - 526年
磐余玉穂宮
(いわれのたまほのみや)
奈良県桜井市 526年 - 532年
勾金橋宮
(まがりのかなはし)
奈良県橿原市 532年 - 535年 宣化天皇
檜隈廬入野宮
(ひのくまのいおりの)
奈良県桜井市 535年 - 540年
磯城島金刺宮
(しきしまのかなさしのみや)
奈良県明日香村 540年 - 572年 欽明天皇 橘の宮(橘寺)
百済大井宮
(くだらのおおいのみや)
大阪府河内長野市
奈良県広陵町
大阪府富田林市
奈良県桜井市
など諸説あり
572年 - 575年 敏達天皇  
訳語田幸玉宮
(おさたのさきたまのみや)
奈良県桜井市 575年 - 585年
磐余池辺雙槻宮
(いけのへのなみつきのみや)
奈良県磯城郡 585年 - 587年 用明天皇
倉梯柴垣宮
(くらはししばがきのみや)
587年 - 593年 崇峻天皇
豊浦宮
(とゆらのみや)
奈良県明日香村 593年 - 603年 推古天皇
小墾田宮
(おはりだのみや)
603年 - 630年
642年 - 643年 皇極天皇
飛鳥岡本宮
(あすかおかもとのみや)
630年 - 636年 舒明天皇
田中宮
(たなかのみや)
奈良県橿原市 636年 - 640年
百済宮
(くらはししばがきのみや)
奈良県広陵町 640年 - 642年
飛鳥板蓋宮
(あすかいたぶきのみや)
奈良県明日香村 643年 - 645年 皇極天皇
655年 斉明天皇 難波長柄豊碕宮
難波長柄豊碕宮
(なにわながらのとよさきのみや)
大阪府大阪市 645年 - 655年 孝徳天皇  
661年 - 667年 斉明天皇
飛鳥川原宮
(あすかかわらのみや)
奈良県明日香村 655年 - 656年 難波長柄豊碕宮
後飛鳥岡本宮
(のちのあすかのおかもとのみや)
656年 - 661年
朝倉橘広庭宮
(あさくらのたちばなのひろにわのみや)
福岡県朝倉市 661年
近江宮
(おうみのみや)
滋賀県大津市 667年 - 672年 天智天皇
弘文天皇
飛鳥浄御原宮
(あすかきよみがはらのみや)
奈良県明日香村 672年 - 694年 天武天皇
持統天皇
藤原京
(ふじわらきょう)
奈良県橿原市 694年 - 710年 文武天皇  
元明天皇
平城京
(へいじょうきょう)
奈良県奈良市 710年 - 740年 難波京
745年 - 784年 聖武天皇 難波京
保良宮
由義宮
恭仁京
(くにきょう)
京都府木津川市 740年 - 743年 難波京
紫香楽宮
(しがらきのみや)
滋賀県甲賀市 743年 - 744年
難波京
(なにわきょう)
大阪府大阪市 744年 - 745年  
長岡京
(ながおかきょう)
京都府向日市
長岡京市
京都市
784年 - 794年 桓武天皇
平安京
(へいあんきょう)
京都府京都市 794年 - 1180年
1180年 - 1868年 安徳天皇
福原京
(ふくはらきょう)
兵庫県神戸市 1180年 平安京
(南朝)吉野行宮
(よしののあんぐう)
奈良県吉野町 1336年 - 1348年 後醍醐天皇  
1373年 長慶天皇
(南朝)賀名生行宮
(あのうあんぐう)
奈良県五條市 1336年 後醍醐天皇
1348年 - 1351年 後村上天皇
1352年 - 1354年
1373年 - 1392年 長慶天皇
(南朝)天野行宮
(あまのあんぐう)
大阪府河内長野市
(金剛寺)
1354年 - 1359年 後村上天皇
(南朝)住吉行宮
(すみよしあんぐう)
大阪府大阪市 1360年 - 1373年
東京
(とうきょう)
東京都千代田区 1868年 -現在 明治天皇 京都を首都と解する立場がある(東京奠都は都を東京に遷すものではないとの解釈)

整備計画

文化庁による「特別史跡平城宮跡保存整備基本構想」に基づき、遺跡の整備・建造物の復原を進めている。費用は全額国費で行われる。既に第一次大極殿(2010年竣工)・朱雀門(1998年竣工)・宮内省地区・東院庭園地区の復原が完了している。

また、国営公園化が決定しており国土交通省主管で、敷地内を横切る近鉄奈良線と奈良県道104号谷田奈良線(一条大路)の移設が検討されている。奈良県道104号谷田奈良線の移設に付いては、周辺地域の住居立退きが必要であり、近鉄奈良線については大和西大寺駅、新大宮駅とともに地下化される可能性がある。

更に、整備計画区域内の朱雀門南西側には積水化学工業奈良工場がある。敷地の一部が朱雀大路跡地に掛かっている為、奈良市が約24億円を投じて移転用地を確保したものの、2000年(平成12年)1月に同社から業績の悪化を理由に移転断念の申し入れがあり、翌2月に移転断念が決まった。2012年になり合意がまとまり工場は14年中に移転し跡地には交通ターミナルなどを設ける予定である。

美しい日本がみつかります

平城宮跡施設

  • 第一次大極殿 - 2010年復原完了。
  • 第二次大極殿 - 基壇を復原。
  • 朱雀門 - 1998年復原完了。
  • 朱雀大路広場
    • 棚田嘉十郎銅像
  • 兵部省 ・式部省- 基壇・礎石が復原されている。
  • 平城宮跡資料館 - 全体模型、大極殿院模型など。
  • 遺構展示館 - 発掘された遺跡の上に建てられており、見学できる。
  • 平城京歴史館 - 平城遷都1300年祭平城宮跡会場オープンと同時に開館し閉幕と同時に休館したが平成23年4月23日より再開。遣唐使船復原展示。

 (平城宮跡内に建設された施設ではないが、隣接しているため観光の利便性上平城宮跡内の施設と同様に案内されている。)

  • 宮内省 - 建物群、築地が復元されている。
  • 東院庭園 - 庭園・楼閣などが復原されている。国の特別名勝。

せんとくんも待っている!


Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /home/m050b225/public_html/1300.jp/sublinka22.php on line 13

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /home/m050b225/public_html/1300.jp/sublinka22.php on line 13
ここは桶狭間の戦い 緑区として知られ、歴史的な名所がいくつも存在しております。 名古屋市内で人口が最も増えているこの区で新しい生活を始めてみませんか?
どこのお店の物が美味しいですか、そんな質問も観光客の方から良く耳にします。 製造法などが部分部分で異なるので一概に言えた訳ではありませんが、名古屋 五ツ橋 ういろうとしてよく知られています。 まずは軽く、おひとつ召し上がりつつ決めてみると良いかもしれません!!

日本の都の原点がある・・